AEONレーザー

NEWS

AEONレーザーに関する最新情報

ワーク式とガルバノ式レーザー設備について

レーザーの照射の稼働方式は主にワーク式とガルバノ式の二種類があります。 ワーク式はレーザーヘッドがX軸とY軸の動きによる動きます。加工エリアは理論上いくらでも拡張可能です。必要に応じて加工可能範囲の設備を導入しましょう。

ガルバノ式はレーザーが高速回転する振動ミラーに反射される仕組みであり、加工範囲は拡張レンズの仕様で決まります。パワーの制限と拡張レンズの限界があるため、よく見られる加工サイズは300㎜までの設備です。ガルバノ式は決まった範囲での集中的なスピード加工に向いており、広範囲の加工には向いておりません。ガルバノ式はワーク式よりハイスピード加工かつ高精度のマーキング加工が特徴ですが、カッティングに向いておりません。


まとめ
ワーク式かガルバノ式かは実際の加工したい素材とその素材に対して加工する表現(マーキング、深堀、カット)から選別しましょう。
① 主に使用する素材は金属かまたは非金属か (レーザーの種類選別)
② 使用する素材の最大加工の予定寸法と厚さ(加工エリアと必要パワーの選別)
④ 設置場所(納品と集塵装置の選別)
⑤その他条件(カメラ、円筒加工など)
上記条件を絞って設備を選びましょう。aeonレーザーはさまざまなニーズに応えるように努めさせていただきます。ご不明な点ございましたらご連絡ください。

上記条件もとで設備を選びましょう。aeonレーザーはさまざまなニーズに応えるように努めさせていただきます。ご不明な点ございましたらご連絡ください。