AEONレーザー

SUPPORT

AEONレーザーカッター及び関連製品のサポート情報

日常メンテの方法

1.集光レンズの掃除

レーザーヘッドの手前の2本のネジを外すと集光レンズを装着されたアルミブロックが外されます。そこでレンズを確認することができます。レンズは細いネジで固定されており、外すと割れやすいので日常の掃除では外さなくてそのままにして掃除してください。

注意:レンズはガラスで作られており、非常に割れやすいので交換時は力加減に十分な注意が必要です。

掃除方法:
メタノールをだっぷり付けた綿棒をレンズの両表面に垂らして十分に濡らして置きます。汚れが酷い場合は綿棒をゆっくり軽く擦りながら汚れを落とします。最後に新しい綿棒を使って再度液体をだっぷり付けてミラーの鏡面を流し落とします。テッシュまたは布等では直接拭かないでください。(レンズ専用ペーパーを使用しましょう。)
掃除時期:
汚れ具合によりますが、月に2、3回は必要です。

2.反射ミラーの掃除

本体には反射ミラーは全部で3枚あります。第1ミラーはレーザー管側にあります。第2反射ミラーは左側y軸上にあります。第3反射ミラーはレーザーヘッドの上部に装着されております。
第1と第2反射ミラーは直接付いたままで掃除しましょう。外す必要はありません。第3反射ミラーを掃除する際には上部のミラーの固定専用ネジ2本を取る必要があります。ネジを外してからミラー側から綿棒をゆっくり挿しながら反対側を指で取ります。鏡面は直接指などを接触されないように気を付けましょう。掃除完了後は元どおりに復元します。

掃除方法:
メタノールをだっぷり付けた綿棒をミラーの鏡面に垂らして十分に濡らして置きます。汚れが酷い場合は綿棒をゆっくり軽く擦りながらて汚れを落とします。最後に新しい綿棒を使って再度液体をだっぷりを付けてミラーの鏡面を流し落とします。テッシュまたは布等では直接拭かないでください。(レンズ専用ペーパーを使用しましょう。)
掃除時期:
汚れ具合によりますが、月に2、3回は必要です。

4.庫内の掃除

ほこりと素材のカスなどが庫内に散らかして内部が汚れたりしますので、定期的に月に1度は掃除を行いましょう。

5.循環水の交換

水冷式発振管は水冷システムを使用しており、MIRAシリーズは水冷システムが内部に装着されております。NOVAシリーズは外部の水冷機を使用しております。いずれにしても内部の循環水を定期的に交換する必要があります。
※使用水は蒸留水(無菌水)をお勧めします。一般の水道水では雑菌が繁殖しやすくなってレーザー管の内部汚れやすくなります。

  • 水道水を使用した場合の交換時期:1~2ヶ月
  • 蒸留水を使用した場合の交換時期:4~6ヶ月

7.ラジエーターファンの掃除

MIRAシリーズの水冷システムは本体の右側にあります。ファンの風でラジエーター内部の循環水を冷やしており、そのラジエーターの前のファンは内部にゴミ等が付かないようにフィルターを貼り付けております。外部のプラスチック網カバーを外してフィルターの掃除を行いましょう。

掃除時期:
汚たら掃除しましょう。

8.ガラスチューブ型レーザー発振管の掃除

ガラスチューブは6ヶ月ぐらいに使用すると内部に水の垢などの汚れがつくようになります。もし汚れが酷くなると熱が十分に逃げられなくチューブが破損する恐れがあります。
汚れが眼立つ場合は掃除をしましょう。

掃除方法
先ず配管を外す必要があります。外してから水あかを落とす専用剤を内部に注入します。しばらく漬けてから両サイトの口を閉じて左右前後に動かしながら汚れを流し落とします。最後に奇麗な水を入れて何度もすずきを行います。綺麗になったら元どおりに戻します。

集塵機

集塵機は一定の期間を使用するとフィルターの交換時期の知らせとして警告音がなります。その場合はまずトップフィルターの交換または掃除が必要です。
※交換時期の詳細は集塵機の取説を参考してください。

  1. 1.トップフィルターの掃除

    トップフィルターは叩き掃除と水洗い掃除が可能です。水洗い掃除する際には必ず十分に乾燥してから戻してください。

  2. 2.定期的に確認

    トップフィルターを交換しても警告音がなる場合はその下のPPフィルターの交換時期になります。PPフィラメントはミクロン単位の粒子を濾過する役割を果たしますので、80%の面積が粒子ゴミにより防ぐと警告音がなります。交換時期は使用頻度によります。

  3. 3.活性炭フィルターの扱い

    活性炭フィルターは基本的に6ヶ月以上使用可能です。実際に加工条件により臭いが気になる場合は3ヶ月ぐらいで効率が落ちますので、交換が必要です。

注意:集塵除臭機器は汚れた空気を濾過してもそのまま室内には出してはいけません。必ず外部に出してください。