AEONレーザー

SUPPORT

AEONレーザーカッター及び関連製品のサポート情報

トラブルシューティング

本体

本章では設備を使用する際に起こりえる一般的なトラブルに対しての確認と解決を説明しております。問題が改善されない場合は各販売店へお問合せください。

レーザー光が出ない

バグのある加工データで、転送しても読めとれないとか、本体のファームウェア更新で間違った設定によりレーザーが出ないケースがございます。まず以下のケースで確認しましょう。

1 センサーの確認

確認と解決方法:扉の右奥のほうにセンサーが付いております。扉との接続が不良の場合レーザーはでません。ドアを閉じったままに右側の点検口を開いてセンサーの部分を確認すると赤いランプが点灯されます。もし、センサーの位置がずれたり、故障(ランプがつかない)すると点灯されません。センサーの位置を扉側に近寄るように調整してから再確認してください。
※センサー配線の断線により接続がわるくなり、レーザーが途中で止まるケースがあります。接続された部分の配線の確認が必要です。

2 水循環システムの確認

確認と解決方法:水冷式の場合は水が正しく循環されてるかを確認します。まず電源を切ってからレーザー発振管が装着されてる設備背部にあるカバーを開き再度電源を入れると水が流暢に流れてるかを確認します。水漏れ等も同時に確認しますが、MIRAシリーズの場合は水循環チューブが内部に隠されておりますので、シリコンチューブがL字に曲がって流れが悪くなったりするケースがあります。解決方法は必ず電源をコードから抜いて本体の背部から手を入れて水が順調に流れるようにセットして置きます。また、ポンプモータの故障と水センサーの故障でもレーザーが出ません。設備のコントロールパネルから水センサーとその他センサーの具合を点検することが可能です。
※NOVAシリーズの場合は同じく外部の水の循環チューブが折れてるかを確認します。

3光路の確認

確認と解決方法:レーザービームが三つの反射ミラーのセンターにきてるかを確認します。両面テープをまず第1反射ミラーの直角の位置に貼り付けて反射ミラーのセンターへ照射されてるかを確認、調整後に第2反射ミラーのセンターへ照射されるように第2反射ミラーの45度角の枠に両面テープを貼って調整します。そして、第3反射ミラーはヘッド上部になっており、両面テープを貼り付けて確認します。もしレーザービームが入光口に照射されてなかったら、レーザービームはフォーカスレンズに通ってないことになり、レーザーが出てないことになります。

4反射ミラーとフォーカスレンズの確認

確認と解決方法:反射ミラーとフォーカスレンズが汚れたり、割れたりしてるかを確認します。3枚の反射ミラーをそれぞ確認します。割れ目が生じるとビームもズレますので交換が必要です。フォーカスレンズはレーザーヘッドからブロックを外して確認しましょう。もし交換する場合は向きを位置は間違わないように気を付けましょう!

5レーザー発振管の確認

確認と解決方法:
金属チューブの場合:設備背部の電源BOXが装着されてるカバーを外して、レーザー電源のランプが付いてないかを確認します。または発振器の冷却ファンが正常に作動してるかを確認します。もし異常があれば、まず、配線が電源BOXから外れてないかを確認を行いましょう。

ガラスチューブ型レーザー発振管の場合:チューブの表面に異常(中割れ、ひび割れ等)があるかを確認します。もしチューブの発振管に異常があれば、交換が必要です。異常がなければ次は発振管の高圧線と低圧配線の接続が抜かれてないかまたは酸化されてないかかを確認します。配線との接続部分はハンダ付けで固定する必要があります。最後にレーザー電源のランプが付いてるかを順に確認します。レーザー電源に作動の表示ランプが付いてなかったら、電源ボックスの故障した可能性がありますので、交換が必要です。

注意:確認は必ず管理者が行い、感電されないように気を付けてください。確認作業する前にお問い合わせください。

レーザー光が弱い

  1. パラメータの設定を確認します。
  2. レーザービームが第三反射ミラーの正しい場所に照射されてるかを確認します。
  3. 反射ミラーと集光レンズが汚れてないかを確認します。
  4. レーザー発振管のガス漏れと長時間の使用で消耗されてる可能があります。

レーザーが垂直に出ない(カットラインが斜めになってる)

確認方法:
5mm~10㎜アクリルを用意して、コントロールパネル上のレーザーボタンを一回タッチするとレーザーが出る同時にアクリルに細い円柱形の穴ができます。垂直度はその円柱の方向で確認します。

※垂直に照射されない場合はレーザー発振管の高圧側の固定ステージで調整を行います。レーザービームが左右に斜めて照射される場合は高圧側の発振管を上下で調整します。前後の斜めて照射される場合は高圧側の発振管を前後に移動させて調整を行います。0.5㎜単位ぐらいで行えば結構です。
もし、調整後にレーザー光が出なくなったら、レーザービームが第3ミラーに当たれてなかったことになりますので、反射ミラーの調整を見直す必要があります。

注意:レーザー管を触る時には電源を本体から抜いてから作業を行ってください。安全第一で調整することをお願い致します。

レーザーのカット線が太くて浅い

メンテ時のクリニング等で外されたレンズを元どおりに配置する際に反対側に設定された可能性があります。またはレンズの汚れと割れてないかを確認しましょう。
※レンズのクリニングは固定ブロックから外す必要がありません。

レーザーヘッドの手動での移動速度が速い

工場出荷時に本体側のコントロールパネルの調整は行っておりませんので、方向キーでの移動スピードが速いです。安全のためにレーザーヘッドの移動を50または好みで設定しましょう。

レーザーヘッドが左側に当たる

原点はソフトと設備では右上となります。加工の開始点は図形の右上に設定することが一般的ですので、加工範囲がオーバーされないように気を付けましょう。誤ったメーカ設定(加工範囲の設定とモーター回転パラの設定)またはデータのパラメータ設定でも起こる場合があります。メーカ設定を調整する際に必ず、お問い合わせください。

注意:レーザーヘッドが左右に当たると軸と故障する恐れがあります。必ず緊急停止を押してください。そして、お問い合わせください。
また、本体起動してからヘッドが右上の原点ではなく反対方向へ移動すると異常ですので、緊急停止を押してください。

ソフト

illustratorで作成したファイルがインポートできない

イラストレーターで作成されたデータはまずアウトランして保存する必要があります。また保存形式が正しいか確認しましょう。

彫刻データが部分的に塗りつぶされてる

彫刻の図形が重なったら、2重目の部分では彫刻されずに3重があった場合は塗りつぶされて彫刻されます。
確認方法:設置→グラフハッチを選択すると、彫刻部分が設定された色に塗りつぶされます。図形のラインをすべてブラック(同じ色)にして確認してください。ブラックに塗りつぶされた部分だけ彫刻されます。

データが転送できない

転送するデータ名が長すぎる場合、または本体側の内部メモリが一杯になって転送ができなくなります。(データをコントロールパネル操作に消すことが可能です。)伝送データのバグまたは加工エリアが設備の指定サイズよりオーバーしたり、加工開始点の指定が間違うと転送ができなくなります。ソフト上の加工エリアと確認して、実際の設備とあってるかを確認します。異なるとソフト上を実際の加工エリアに合わす必要があります。

注意:彫刻の場合は加速度によりレーザーヘッドの左右を往復しながら作動するため、左右の余裕空間が必要です。加工開始点の設定を左側にきっちり付けないようにしましょう。5CMぐらい空けておきましょう。