AEONレーザー

BLOG(ブログ)

AEONレーザーの特徴と使用方法をより詳しく説明します。

集塵脱臭機(集塵脱臭機)/ AEONレーザー

集塵脱臭機
集塵脱臭機は汚れた空気を吸い取り脱臭も同時に行う装置です。レーザー加工を行う際に煙と埃が発生します。
そのまま排出すると周囲の空気が汚染する恐れがあります。集塵脱臭機を使うことをお勧めします。

 

集塵脱臭機の構造

 集塵脱臭機は進風口と排風口があります。内部のターボファンにより汚れた空気が進風口から吸い込まれて、フィルターを通過して空気がろ過されて排風口から排出されます。

フィルターの種類:トップフィルター、PPフィルター、活性炭フィルター(メインフィルターとも読みます。)

トップフィルター:ゴミと埃を遮断します。

PPフィルター:より細かい埃と煙中のタールなどを留めます。

活性炭フィルター:臭いと目に見えな埃を吸い取りまう。

※フィルターは本体内部に重なって配置されております。

その他のフィルター(ガラスファイバーフィルター)
 PPフィルターと活性炭フィルターフィルターの間にガラスファイバーフィルターを重ねることも可能です。PPフィルターで遮断されてないより細かい埃とタール等を留める役割を果たします。

 

設備を選ぶには

 レーザー加工機の機種に合う集塵脱臭機を選びましょう。

 レーザー加工機の加工エリアが広くなるほど、レーザー加工機本体の庫内空間が大きくなります。空間が大きいので空気量も大きくなり、より大きいパワーのある集塵脱臭機が必要になります。

 基準:風量と最大出力(パワー)

◆集塵脱臭機DX1002/X1001 風量300㎥/h、最大出力200W
◆集塵脱臭機DX3104 風量400㎥/h、最大出力330W
◆集塵脱臭機DX5000Ⅱ風量700㎥/h、最大出力450W

例えば
AEON CO2レーザ-加工機MIRA5 ➡ 集塵脱臭機DX3104 (風量300㎥/h、最大出 力200
AEON CO2レーザ-加工機MIRA7/9 ➡ 集塵脱臭機
レーザーマーカー PULSER F20  ➡ 集塵脱臭機DX1002/DX3104
※よりワンランク上の機種を選ぶことは問題ありません。

フィルターの寿命

 フィルターは一定の期間を使用すると詰まります。掃除または交換を行いましょう。

 トップフィルターは掃除機等で埃を吸い取ることが可能です。または1回ぐらいの水洗いしてしっかり乾燥させて再利用することも可能です。

 PPフィルター(ガラスファイバーフィルター)は詰まると掃除機で吸い取ってもあまり交換はありません。交換が必要になります。

 活性炭フィルターは長くは使用可能ですが、半年使用してから一度外に出して太陽の光によく当てて十分乾燥させるとよい効果が得られます。

※フィルターの寿命は設備の実際の使用状況と環境により、寿命も異なりますが、使用取扱説明書に従って操作またはメンテを行ってください。

 

その他
 CO2レーザー加工設備に配備した集塵脱臭機の排風口をダクトーに繋げて外(窓外)へ排出してください。集塵脱臭機のろ過能力は限界があり、そのまま室内には放出しないでください。

 ただし、ガルバノ式ファイバーレーザーマーカのような埃と煙が極めて少ない加工であれば、室内放出も可能です。

 

以上