AEONレーザー

BLOG(ブログ)

AEONレーザーの特徴と使用方法をより詳しく説明します。

ガルバノ式Fiberレーザーマーカ / PULSAR F20

ガルバノ式Fiberレーザー
ガルバノ方式Fiber(ファイバー)レーザーマーカは金属と一部非金属への永久マーキングが可能な装置です。
PULSER F20B 波長:1064nm
パワー:10W、20w、30W、50W
加工エリア:110*110㎜(通常)
           その他サイズ:175*175/200*200/300*300㎜

 

Fiberレーザーマーカーについて

 ファイバーレーザーマーカーは、レーザーマーキング分野における最先端の機器の1つになります。 ファイバーレーザーによって提供されるレーザー光源は光ファイバーを介して拡大され、 振鏡のスキャンミラーに反射されます。 専用ソフトウェアを介して走査検流計およびレーザーは完全に組み合わされて データどおりに制御して加工体に対してマークします。

 ファイバーレーザーはシースを備えた柔軟なシングルモードファイバーを介して、 高出力波長の1064nmレーザーを加工体表面に直接導入します。 コリメートおよび集束されたスポットサイズは数十ミクロン以下に達します。 このレーザーは回折限界に近いです。 金や銀のジュエリー、鏡、ステンレス鋼、鉄鋼製品など、さまざまな材料のマーキングまたは穴あけ加工に使用できます。

 レーザーマーキング加工は、ツールによるスコアリングとは異なり、 非接触加工であり、素材の内部要素を変化させることなく、 細い線や細かいフォントを備えており、 0.5mmの文字でもはっきり刻印が可能です。

設備の特徴

◆独自の完全に密閉された光路設計により、装置の安定した動作が保証されます。

◆電気光学変換の変換効率は30%と高く、省エネと高効率であり、マシン全体の消費電力は1時間あたり500Wです。

◆装置は小型、軽量、移動が容易です。

◆レーザーパルス周波数が高く、マーキング速度が速いです。

◆メンテナンスフリーで、消耗品がなく、機器の運用コストは非常に低いです。

◆マーキングソフトウェアのインターフェースは操作がシンプルで直感的であり、学習が簡単、 操作はシンプルで直感的です。

◆マーキング設定は柔軟性があり、線は絶妙です。

適応材料: すべての金属と一部非金属材料に適応します。

加工方法: レーザーマーキング、 パイプラインスピードマーク、 レーザー穴あけ、 表面処理など

アプリケーション業界: ハードウェア製品、 衛生陶器、 医療機器、 自動車部品、 集積回路、 電子部品、 ワイヤーとケーブル、 ゴムとプラスチック、 LCDスクリーン、 金と銀のジュエリー、 コンピューターと携帯電話のタブレットアクセサリー、 食品および飲料の包装、 化粧品包装、 医薬品の包装、 機械加工、 航空宇宙、 軍事製品、その他多くの分野で広く使用されています。 

以上