AEONレーザー

BLOG(ブログ)

AEONレーザーの特徴と使用方法をより詳しく説明します。

LightBurnへのデータ読み込み方法 / AEONレーザー

LightBurnへのデータ読み込み方法

対応データ
ベクターファイル:ai,pdf,sc,dxf,svg,plt等
画像ファイル:bmp,jpg,jpeg,png,gif等

 

PCにインストールしたLightBurnを立ち上げます。画面左上の「ファイル」→「インポート」からデータを選択します。

※LightBurnツールバーの「インポート」アイコンをクリックすることでも行えます。

ウインドウが立ち上がると任意のファイルを選択します。
「All supported」を選択することで対応するすべてのデータを選択するできます。

ファイルを選択後、OKを押下することでデータが読み込まれます。

読み込まれたデータはワークエリアに表示されます。

CADソフトで作成したレイヤー色もそのまま、ソフト上で表現されます。

例えば

イラストレーターで作成された三つの図形がそれぞれ

A(黒塗りつぶし)、B赤(ライン)、Cブルー(塗りつぶし)にします。

LightBunのレイヤ色のモードをA(黒塗りつぶし)、B赤(ライン)、Cブルー(塗りつぶし)に合わせます。

※変更しなければ設定されたモードが記憶されます。

保存されたイラストレーターファイルをインポートしますと、サイズもレイヤ色とも同じ表現になります。

以上