AEONレーザー

NEWS

AEONレーザーに関する最新情報

PULSAR Box1 販売開始のお知らせ

ガルバノ式Fiberレーザー【PULSAR Box1】の販売を開始いたします。 PULSAR Box1はFiberレーザー20Wを使用しており、高精度加工が可能です。

必要空間等最大限に配慮し、日本国内で設計されております。業務(商業)用のデスクトップ型では業界で最小とも過言ではありません。

ドアと扉にマグネットセンサーを配置しており、観察口はFiberレーザーを遮断する専用プラを使用しており、安全を重視して作り上げております。

PULSAR F20

ガルバノ式Fiberレーザーマーキング専用マシン

AEON Fiber(ファイバー)マーキング専用マシンPULSAR F20はすべての金属に対してマーキングが可能です。ものづくり及び産業分野で使用されております。
パワー:10W、20W、30W
加工エリア:50*50/110*110/170*170mm
特徴:繊細にハイスピード加工が可能

カタログ:PULSAR F20

詳しくみるPULSAR F20

PULSAR M20

ガルバノ式MOPAレーザーマーキング専用マシン

MOPAレーザーマーキング専用マシンPULSAR M20は金属に対して色付けマーキングが可能です。ものづくり及び産業分野で使用されております。
パワー:20W
加工エリア:70*70/110*110/150*150mmなど
特徴:繊細な色付き刻印加工が可能

カタログ:PULSAR M20

詳しくみるPULSAR M20

東京OGBSオーダーグッズ・ビジネスショー2018

2018年度も東京で開催されるイベント

【OGBSオーダーグッズ・ビジネスショー】に参加させていただきます。

出展内容

(弊社の新規導入されたレーザー機器AEON ガルバノ式LASERを披露いたします。)

展示機種:
レーザー加工機 :AEON Fiberマーキングマシン、CO2マーキングマシン

3Dプリンター:FLASHFORGE Hunter、Adventurer3

会期:
2018年 9月21日(金)10:00~18:00~2018年 9月22日(土)10:00~17:00

※入場料無料

展示場所:D-37  看板 APPLE TREE株式会社

後援: 月刊現代印章・OGBSマガジン

詳しくは以下のリンクまで

https://ogbs.jp/

ご来場お待ちしております。

◎オーダーグッズビジネスショー東京会場へのアクセス

サンシャインシティ文化会館
〒170-0013 東京都豊島区東池袋3丁目1−1

■最寄駅
東池袋駅(東京メトロ有楽町線) 徒歩3分
池袋駅(JR・東京メトロ・西武線・東武線) 徒歩8分
東池袋四丁目停留所(都電荒川線) 徒歩4分

■駅からの経路
・池袋駅より
池袋駅東口♯35出口
サンシャイン60通りを通り、右手に見えてくる「東急ハンズ」の横に
サンシャインシティ地下通路入口のエスカレーターがあります。

・東池袋駅より
♯6.7出口方面途中に「サンシャインシティ地下通路」の案内があります。
地下通路でお越しください。

 

会社概要

当社の会社概要

会社概要と取引先

商   号 創新テック株式会社
Soshin Tech Corporation Co.,LTD.
設   立 2019年9月
資 本 金 5,000,000円
事 業 内 容 レーザー加工機の企画製造および販売
CNCルーターマシンの企画製造および販売など
代表取締役 新井 秀光
所 在 地 〒540-0036
大阪府大阪市中央区船越町2-1-5吉見ビル3階
お問い合わせ Tel: 06-6945-7333  Fax: 06-6945-7334
E-mail : info@aeonlaser.jp
営業時間 平日10:00~18:00
ホームページ https://aeonlaser.jp
https://sstech-ltd.com
取 引 銀 行 三菱UFJ銀行 三井住友銀行
納入先大学 信州大学 山形大学 関東学院大学 ものづくり大学
札幌大学 熊本大学 徳島文理大学 兵庫医療大学
奈良大学 愛知大学 長岡造形大学 奈良学園大学
山口大学 筑波大学 成安造形大学 奈良芸術短期大学
九州工業大学 南山大学 日本大学 大阪産業大学
九州大学 岐阜大学 大阪市立大学 京都府立大学
富山大学 明治大学 東海大学   愛知工業大学
主な取引先 コーボックス ヤトロ電気株式会社 日本電計株式会社
轟産業株式会社 株式会社ロイスエンタテインメント
株式会社COZN 株式会社ナルセ
共立電子産業株式会社 ケニス株式会社

古物機械商:621060190844

PULSAR C30

ガルバノ式CO2レーザーマーキング専用マシン

AEON CO2(二酸化炭素)マーキング専用マシンPULSAR C30は非金属に対してマーキングが可能です。ものづくり及び産業分野で使用されております。
パワー:30W
加工エリア:50*50/110*110/170*170mmなど
特徴:繊細にハイスピード加工が可能

カタログ:PULSAR C30

詳しくみるPULSAR C30

日常メンテの方法

1.集光レンズの掃除

レンズ

  • X軸上のレーザーヘッドの手前の2本のネジを外すとフォーカスレンズが装着されたアルミブロックが外されます。レンズは細いネジで固定されており、レンズを外すと割れやすいので日常の掃除では外せずにブロックに付いた状態で掃除してください。

注意:レンズはガラスで作られており、割れやすいので、力加減に十分に注意をして作業を行ってください。

外し方

  • 交換が必要の場合は外す必要があります。レンズ上のネジを細い六角レンチで回す際に均等かつ力加減に十分に注意をして作業を行ってください。
掃除方法
綿棒にエタノール(純度の高いアルコール)をだっぷり付けてレンズの両面に垂らして十分に濡らしてこすらずに1分ほど置きます。(汚れが酷い場合はレンズ専用綿棒でゆっくり軽く擦りつけて汚れを落としましょう。)汚れが溶けてから新しい綿棒を使って汚れと残液を吸い取ります。

注意:綿棒で無理に擦ったり、テッシュ、布などでレンズの表面を直接拭いたりしないでください。レンズの表面は非常に傷つきやすいです。

*レンズ専用ペーパーを使用しましょう。
掃除時期
汚れ具合によりますが、大量に作業を行ったらその日で掃除を行ってください。掃除は週1回以上必要です。

2.反射ミラーの掃除

ミラー

  • 設備に反射ミラーは全部で3枚あります。第1反射ミラーは設備後部のレーザー管側にあります。第2反射ミラーは設備庫内左側X軸の左側にあります。第3反射ミラーはレーザーヘッドの上部に装着してあります。

掃除方法

  • 第1ミラーは汚れにくいので、月1回ぐらい掃除が必要かを確認してください。
    第2ミラーは設置されたままで直接掃除してください。(外すと小焦点ずれが生じます)
    第3ミラーを掃除する際にはレーザーヘッド上部の固定専用ネジを取る必要があります。ネジを外してからミラー側から綿棒をゆっくり挿しながら反対側を指でサポートして取り出します。鏡面は直接接触されないように気を付けてください。掃除方法はレンズと同様な要領で作業を行ってください。
掃除時期
  使用時間と汚れ具合によりますが、週1回以上確認してください。

注意:掃除する際に設備の電源を落し、ビニール袋を着用してください。

*掃除完了後は元どおりに戻します。

3.庫内の掃除

素材のカス、埃などが庫内に散らかして設備の庫内が汚れてきますので、定期的に掃除を行いましょう。また、カット作業を行ってからの残材は軸の移動で当たる恐れがありますので、素早く除去しましょう。

4.循環水の交換

水冷式のレーザー発信器を装着した設備は水冷システムを使用します。水冷式MIRAシリーズは水冷システムが内部に装着し、NOVAシリーズは独立の水冷機(チラー)を使用します。両方とも機内の循環水を定期的に交換する必要があります。
*使用水は蒸留水(無菌水)をお勧めします。一般の水道水では雑菌が繁殖しやすいため、レーザー管の内部が汚れやすくなり、レーザー管の寿命が短くなります。

  • 水道水を使用した場合の交換時期:1~2ヶ月
  • 蒸留水を使用した場合の交換時期:4~6ヶ月

5.冷却ファンの掃除

一台のレーザー設備に幾つの換気ファイまたは冷却ファンが配置してあります。ファンはレーザー管の冷却システムを冷やすのに重要な役割を果たします。定期的にファンのフィルターの掃除を行ってください。

掃除方法

  • プラスチックカバーを外してクッションフィルターの掃除を行ってください。
掃除時期
    月に1回、汚れの確認をしてください。。

6.集塵脱臭機

集塵脱臭機は一定の期間を使用するとフィルターの交換または掃除が必要です。

  1. トップフィルターの掃除:トップフィルターは集塵脱臭機の上部に配置しております。取り出してから掃除機をかけるか外で叩きましょう。そして水洗い掃除も可能です。水洗い後完全に乾かしてから元に戻してください。
  2. PPフィルターの交換:トップフィルターを交換しても吸収力が半分以下まで落ちるPPフィルターの交換時期になります。PPフィルターはカセット式で一番上層に設置tしております。PPフィラメントはミクロン単位の粒子を濾過する役割を果たしますので、80%の面積が粒子ゴミにより防ぐと警告音も鳴ります。交換時期は使用頻度によりますが、2ヵ月~5ヵ月耐用日数になります。
  3. ガラスファイバーフィルターの交換:ガラスファイバーフィルターはPPフィルターと活性炭フィルターの間に配置しておりますPPフィルターよりミクロン単位の粒子をカットする役割を果たします。交換時期は使用頻度によりますが、3ヵ月~8ヵ月耐用日数になります。
  4. 活性炭フィルターの交換:カセットフィルターを下に配置しており、数枚重ねて使用されております。活性炭フィルターは主に匂いを消す役割を果たします。活性炭フィルターは基本的に6ヶ月以上使用可能です。実際に加工条件により臭いが気になる場合は3ヶ月ぐらいで効率が落ちますので、交換が必要になります。交換時期は使用頻度によりますが、3ヵ月~8ヵ月耐用日数になります。

注意:集塵除臭機器は汚れた空気を濾過してもそのまま室内に放出しないでください。必ず室外に出してください。